東海道線駅にも番号がついた

2019年になってから東海道線に乗って気がつきましたが、駅の看板には番号がついていました。
茅ヶ崎駅は『JT10』です、多分JRの『J』と東海道線の『T』を合わせて『JT』となり、東京駅から数えて10番目が茅ヶ崎ということでしょうか?そうなると相模線はどうなるのだろうと相模線ホームへ行ってみたら、特に番号はありませんでした、やはり、外人さんは相模線までは来ないとみたのでしょうか・・・
画像



↓車内アナウンスも英語で流れていました(上り車内で茅ヶ崎駅の案内)







辻堂駅でも番号がついています。『JT09』ですのでやはり東京駅から数えているのだなと思います。
東海道線の『T』は納得できますが、高崎線も『T』だから『JT』と同じだな・・・どうなるんだろうと疑問となりました
画像



↓車内アナウンスも英語で流れていました(上り車内で辻堂駅の案内)






それでは、藤沢駅はどうなるか?小田急線があるので駅の番号はどうかと思い行ってみました
なるほど、JR東海道線ホームはJR08で納得、小田急線の方は小田急の『O(オー)』と江ノ島線の『E』を合わせて『OE13』となっています。相模大野から数えて13番目なのかなとか、小田急は江ノ島線と小田原線があるから小田原線は多分OO01とかになっているのかなと想像すると楽しいです・・・でも『OO01(オー オー ゼロ イチ)』も読みにくいなと考えているとますます楽しいです
画像


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック